プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



製図ブラシ
*木や竹でできた道具は、モノとして美しく、古くなるほど味がでるので好きだ。
製図ブラシで木製のものを探してみても樹脂製のものが多く、木製であってもシンプルなデザインのものが少ない。なかなかこれぞというものに出会えない。
そこで、自分で作ってみることにした。柄が木製のベーシックな形のブラシを探して好みに加工する。いろいろ見ると、コクヨのブラシが良さそうだ。

b1コクヨのブラシ。箱のデザインもいいと思う。







b2エッジにアールが取られているのが不満な点、角が欠けても怪我をしてもいいからピン角に仕上げるという発想はメーカー責任でできないのだろう。もう一点は暑く塗られたニスが木の肌触りを奪っている。汚れやコストのことを考えると、これも仕方がないのか。



b3柄を小刀で削りだし最後はヤスリをかけ仕上げる。木にも癖があって、柔らかいところ固いところがあり一様ではない、綺麗な白木の表情が出て来た。最後に蝋を塗って仕上げた。一番細いところで5mm,シャープで軽いブラシができた。



b4こちらは1本目に作ったもの。
09:26, Tuesday, Oct 28, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ