プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



藤田知事発言
tomo002







先の投稿に続いて鞆の浦についてである。今朝の新聞に知事の発言が紹介されました。
「人が住んでこその鞆の町で、無人の町に価値はない」ということはもっともなのですが、では、橋を架けると町に人が住むようになるのでしょうか?

それが、ひとつのきっかけを作るという可能性はあるのでしょうが、それは観光事業目当ての大きな民間投資を呼ぶ可能性があるということぐらいでしょう。道が広くなっただけで何も変わらなかったという可能性も同時に残る訳です。
民間はお金に対してはシビアです。道が広くなっただけで、そう簡単に観光や事業が活性化できるとも思えません。

大きなお金をかけて外科手術的に街を変えていくやり方もたしかにあるでしょう。しかし、今はそれだけの時代ではないし、住民と一体になって街づくりを考えていく時代だと思います。

すでに17年かけて、住民たちが盛り上げてきた努力や実績と較べたら、公共工事でお金をかけてあとは任せたという考え方は中途半端だと思います。
「魅力的な街」をつくることよりも「橋を架ける」ことが目的の発言に感じられてしかたがありません。

そんな安易な発想で港街の風情を壊して誰が責任を取るのでしょうか。
映画セットのような人工的な歴史的景観をつくろうとするのではなく、今あるものを大事に継承発展させていく本物の歴史的景観づくりを考えてもらいたいものです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200810210027.html
鞆架橋「学者の声必要なし」

 藤田雄山知事は20日の定例記者会見で、福山市鞆町の鞆港の埋め立て・架橋計画について、「人が住んでこその鞆の町で、無人の町に価値はない」として住民の意向を重視し、部外者である「学者たちの意見を聞く必要は全くない」との考えを強調。事業の推進にあらためて意欲を示した。

 藤田知事は、計画が実現すれば「海から町並みや(江戸期から残る)常夜灯が見てもらえる」と指摘。一方で、常夜灯とともに鞆の歴史的港湾遺産の一つである雁木(がんぎ)には「太田川の船着き場は全部、雁木。こんなのはどこにでもある」とし、「どういう観点から物を見ていくかが重要。人に住み続けてもらい、景観を含めて維持してもらうには何をすべきかということだ」と続けた。
19:13, Tuesday, Oct 21, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ