プロフィール
藤本寿徳

2007年12月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
concrete jewelry

現場での感動

コンクリートタンク

コンクリート船「武智丸」

以前の記事
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



里山の家の話-2(設計相談)
 クライアントである平田さんご夫婦と初めてお会いしたのは、2005年12月18日。ちょうど2年前の今日のことです。

状況として、

 *現在福山市内のアパートが,道路工事の為近い将来立ち退きになるから引っ越しを考えはじめたこと。
 *トータルの予算で2500万円程度であるが、予算内の福山市内の新築、中古マンションを見て回ったが納得がいかないこと。
 *「弥高山の家」のシンプルさに特に惹かれたこと。
 *ローコストでも生活していく自信があること。
 *現在土地を購入してないが、一軒家を 建てれる可能性があるか?
という相談でした。

 ご夫婦とも岡山県出身のため、福山という土地に特別こだわりがないこと。ご主人の会社が井原市にあるということで可能性を感じました。
 予算からすると少し厳しいかもしれないが、いっその事、まだ土地が安いであろう場所がたくさんある隣の井原市の里山の土地を探すことを提案しました。美しい里山や広葉樹の森がたくさん残っていることは日頃から知っていました。価値観を変えれば市中心部よりも魅力的な場所は多々あります。

 実際に「弥高山の家」「辺名地の家」も見てきた二人と、ローコスト住宅の厳しさと、それが少しの工夫で乗り越えられる事。田舎であることの生活の豊かさと不便さについて多くの話をしました。
 ファッションやデザインセンスが洗練されていて僕などは及ばない二人ですが、デザインの根本の考えで多くの共通した価値観を感じました。予算に対して若干の不安もあったのも事実ですが、一貫して家を持つ夢に僕も引き込まれていきました。

 仮に土地があったとしても予算2500万円で住宅をつくるのは難しいご時勢です。しかし、土地が充分広くて近くに燐家がなく、周辺環境から干渉を受けない土地であれば、とても小さい平屋の建築物(構造物)を予算内でつくることは物理的に可能と考えたからです。たとえそれが、倉庫や駐車場のような建物にしかならなくても「住む」という平田さんの強い意思さえあればなんとかなるものです。

 地元の不動産屋さんに飛び込み,平田さんの土地探しが始まりました。
16:45, Tuesday, Dec 18, 2007 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ