プロフィール
藤本寿徳

2022年7月
S M T W T F S
          1 2
3
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事
展覧会中止のお知らせ

展覧会に向けてのメッセージ

展覧会のお知らせ

向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

以前の記事
2021年 8月
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



ちいおり再訪
標高750m、徳島県奥祖谷の「ちいおり」に宿泊し、何もせず休日を過ごす。

アレックスの美意識のもと、この古民家は美しくインテリアがまとめられている。モノや灯りが慎重に配されて奇麗な上に、同じように奇麗な生活が営まれている。

モノや建築といった物質的な側面と、そこでの生活がミックスして真のインテリアの美しさが生まれる。

古民家といえども、モノが溢れた現代生活が無造作に介入してきては美しくはならない。

片付ける、しまう、余計なものは持たない。生活の厳しさ、苦労があるからこそ培われる美しさ。

柱、梁、屋根、床、壁という建築のエレメントのみで成立している住空間。

何も無く質素な室内に充ちている空間の豊かさ。

自分の建築との共通点を確認し、ゆっくりと身を置き、昔の農家の生活について考えていました。

社会全体、あるいは個々人が、時代が進み便利に豊かになっていく中で、その享受が闇雲にでなく、美意識というフィルターを一度通過させることが重要だと思います。

「ちいおり」に触れることを、懐古趣味でなく、これからの未来を美しくする手だてとして考えていきたいと思っています。

一緒に行った20代の若者たちが、朝、布団を上げた後、誰から言われるでもなく板間の雑巾がけをはじめた。その後は一日中、裸足で過ごす気持ちよさと清潔感が続く。忘れることがないだろう。

(過去の投稿)
ちいおり http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080605134404

















11:58, Tuesday, Jul 21, 2009 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ