プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21
22
23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



形と姿
BMW「布製のコンセプトカー」を発表、車体が変形

外板を皮膜とすることで有機的な車になっている。デザインの幅が広がったというより車そのものの質が変わったといえる。

実際に販売されているBMW Z3とZ4のデザインは、僕はサメの「形」をイメージするのですが、それが「姿」になった驚きがあります。特にドアを開けたときのシワを見て感じました。シワというデザイナーにとっては歓迎されないネガティブな場所により有機的な皮膚感覚、新しさを感じるのが面白い。

動物の目のようなヘッドライト、布を光が透過するテールライト、車のシルエットが変形するリアスポイラーなど布の特性を利用しているところが、今までのカーデザインに見受けられなかった思考方法だと思います。
建築の外壁を、スキン(皮膚)に近づけようとするデザインの潮流がありますが、車の世界ではよりリアルなスキンに近づいたという点で刺激を受けます。
ボディーの動く機構の上にファブリックを重ねること(ファブリック+アルファー)で、ファブリックであることの意味が引き立ち、車のそれぞれのパーツの形の論理を超えることができています。
形そのものの違いだけを競うカーデザインの世界は建築とは無関係だと思っていたのですが、このデザインは建築設計の解法や思考の型にとても類似しています。

屋根が開閉する機構がどう発展していくのだろう?楽しみです。
車の開発が「エコ」一辺倒なところに胡散臭さを感じている中で、この「BMW GINA」はデザイン本来の喜びを感じさせてくれる研究開発です。




19:49, Thursday, Jun 12, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ