プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26
27
28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



オートクローム写真
 昨晩の BS放送で、アルベール・カーンの一枚のカラー写真の美しさに驚いた。
それはイタリア ヴェローナで昼寝をする少女の写真で、フェルメールの絵画のような柔らかな光に少女が包まれている写真だった。
 この写真で使われたカラー写真は、オートクロームという名で、オートクロームを調べてみるとリュミエール兄弟により発明され、1907年にフランスから初めて市販されたカラー写真で、RGB 3色に染めたジャガイモのでんぷん粒子を塗ったフィルターを通して感光させ反転現像するカラースライド(光に感光する銀塩の乳剤をガラス板に塗布した乾板)らしい。

 レンズの性能が低いことも重なって彩度や諧調が低く、コントラストが弱い写真なのだが、現代のカラー写真に見慣れた目からは新鮮で写真というより絵画のような写真が何枚かあった。リアルな再現性を目標に、フィルム開発、レンズ開発は続いてきたが、初期の技術の写真に感動できたことが嬉しかった。いい写真について考えさせられる衝撃を受けた。

 話は変わるが、番組中カーンの研究者が解説で嬉しいことを言っていた。
「カーンは、世界中にカメラマンを派遣し、各国の映像をカメラに納めさせた。文化の多様性を世界に広めることによって、紛争が減ると考えていた。幅広い知識と視覚表現により、未来を平和に導けるだろうと願っていた。」
 紛争を力で解決することは愚かである。他者の存在や文化の美しさを認める豊かな感性を備えることが豊かで平和な社会に繋がると僕も考えているから。

080107_a_02080106_a_02080106_a_01
22:57, Monday, Jan 07, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ