プロフィール
藤本寿徳

2024年5月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27
28
29 30 31  

最近の記事
アスタリスクのミニムービー

大山6合目避難小屋の美しさ

かっちりつくる

展覧会中止のお知らせ

以前の記事
2024年 3月
2021年 8月
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 

アスタリスクのミニムービー
ミニムービーをyoutubeにアップしました

09:52, Tuesday, Mar 19, 2024 ¦ 固定リンク


大山6合目避難小屋の美しさ
雪山登山が好きで鳥取県の伯耆大山によく登ります

大山の6合目、標高1350mに6合目避難小屋があります
避難小屋とは、全国の山岳地帯に設置された一般に開放された山小屋の一つで
天候の急変や登山者の体調不良などの非常時に避難・休憩・宿泊するための山小屋です
無人で、電気や水道はありません

この大山6合目避難小屋は面積がたったの 8.6平方メートル(2m x 4m程度)
簡素な作りの木造平家で、中には3畳程のスペースがあるだけです

この避難小屋が大好きです
緊急時には、僕の命を助けてくれる力強い建築です
小さいけれど大きな存在、どれだけ心強いか

厳冬期の人間の世界から離れた山の中で一軒ひっそりと、いざという時のために
風雪を耐え忍ぶ姿に感動します

積雪量が増えるに従って、最後は雪に完全に埋没し
小屋に入るためには、スコップで穴を掘って入ることになります

積雪量や天候によって、さまざまな凛々しい立ち姿を見せてくれます
建築の原点を常に思い返させてくれる建築です
避難小屋を設計する機会をいただけたらどんなに嬉しいか

ここ数年の山行で撮影した写真をシェアします

ロフトもあるので雪が無い時は背が高い建物にみえます
_1KF8471

_1KF5980


基壇の階段が隠れた頃 積雪量は2m弱
IMG_7541


1階の窓も埋まり、入口が雪より下になり始めた頃
_2KF4521

_2KF4519


降雪後の早朝、まだ登山者の足跡がない時
Untitled


このぐらいの大きさの時が愛らしい
2022-02-12

DSC02646


ロフトの窓もかなり埋まってきました
入口が埋まる時はロフトから出入りできるように設けられたものなのですが
Untitled


完全に埋没しました、スコップで雪を掘って小屋に入ります
_1KF5732

_1KF5729

_1KF5738


雪で無音の世界の深夜、宿泊者が灯すランタンの灯りが揺れています
_1KF8565


窓からの景色、座ってずっと見ていられます
Untitled

Untitled


天候が厳しい時はこんな感じです
もっと酷い時は写真を撮る余裕がありませんし
吹雪の中では何も写りません、1m先でさえ見えなくなります
IMG_5815

IMG_5951


雪山登山は危険だと皆に言われます、確かにそう思います
ただ、危険だからこそ魅かれるのです


最後に建築家で登山家でもあった吉阪隆正先生の言葉を紹介します
「山の無言の教えがまた私の良心を育てる。
 美的感覚を、詩情を養うと共に、
 そこでの困難をのり切るための正確な技術を習得していった。
 するとますます山に戻ることが、私の良心をたてなおす機会になっていく」

IMG_6219
09:24, Saturday, Mar 09, 2024 ¦ 固定リンク


かっちりつくる
「かっちり」の類語や語彙をあらためて調べてみると
ぴたっときちんと正しく正確に、堅く引き締まったさまを指すとのこと

奇を衒わずに「かっちり」つくる
設計の過程で出てくる数多の条件や問題点を正しく整理し
当たり前のことをしているだけなのに、当たり前に見えない
そういう設計方法があるのだと思います

Asterisk
08:22, Saturday, Mar 09, 2024 ¦ 固定リンク


展覧会中止のお知らせ
展覧会中止のお知らせ!
「感染急拡大に伴う福山市における対策強化」
の取り組みのため、ふくやま美術館が臨時休館になりました。
2日間開催の幻の展覧会になってしまいました。

https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/uploaded/attachment/199547.pdf
19:06, Sunday, Aug 08, 2021 ¦ 固定リンク


展覧会に向けてのメッセージ
「美の規範がないことについて」

福山の街並みは絶望的なまでに汚いと思っています。
そのことから話を始めます。
福山に限ったことではなく、日本全体がそうだと言えるのですが。

それとは対照的に、一度しか訪れたことがないのですが
スイスの街並みはとても美しいと思っています。僕の美意識にマッチします。

スイスの街並みの美しさを言葉にすると
「ストイシズム、シンプル、モデスティー」というキーワードがあげられます。

ストイックな人というと、悪いイメージを持たれる方も多いかと思いますが、
その意味、思想を正しく理解すると、それを素晴らしいことだと受け止めています。
その精神は、田舎の風景にも、都市部の商業建築や看板にも感じることができます。

シンプルという言葉の奥深さを説明する時に、
私はAppleのデザイナー、ジョナサン・アイブの言葉を引用します


「深く揺るぎない美しさは、シンプルさ、明確さ、効率の良さの中に存在する
真のシンプルさは、単に不要なものや装飾を省くだけでは生まれない
それは、複雑さに秩序をもたらす作業である」

apple製品の美を支えるデザイン哲学に共感します。
建築設計も様々な諸条件へ秩序をもたらす作業です。
それをシンプルにまとめあげる事が大事です

モデスティー(Modesty )という言葉は、謙虚さ、清貧という意味で使っています。
スイスの街並みを見て思うのは、これら3つののデザイン思想です。
結果的に周囲の美しい自然が浮かび上がり、美しい街並みが形成されています。

スイスの話をしてきましたが、スイスを見ているとこの「美の規範」が
共有されている事の素晴らしさに気づきます。
翻って日本には、日本の美の規範が共有されているのでしょうか?
規範が共有されているかいないかと言う事を問題にしたい。

スイスと日本では、気候風土、自然の植生、地理的歴史的背景からくる国民性など、
全く状況が異なっています。
日本は、温帯モンスーンに属する猥雑なアジア圏です。
スイスと同じ美の規範が共有される事を望んでもそれは不可能な事だと思っています。

しかし、それでも日本なりの「美の規範」が共有される時代が来ればといいと思います。
街並みが汚いのは、設計者の責任ではありません、市民一人一人の感性の集積です。
(設計者も市民の一人)
時間をかけてでも、瀬戸内の美しさに導かれた「美の規範」が
市民間で醸成される時がくることを
100年先、200年先の遠い未来になるのでしょうけど期待しています。

歴史を振り返ると、街はより美しくなる方向へ進んでいるので、
放っておいても自然とそうなる(民度が高くなる)
と楽観的でもありますけれども。

僕は都市に対しては絶望しています。それは欲望や経済の力が強すぎる場所だからです。
むしろ、県北の農山村に希望を見出したい。まだ手付かずのピュアさを残しているからです。
ただ、現状の農山村は問題が集積していて、僕の期待通りに進むことも難しいでしょう。
絶望的な状況には変わりません。

私の予想では、僕自身がそうであったように、これから地方移住する人達が増えたり、
生まれ育った地域に定着する若者が増えると思っています。
そこに可能性を見出したいのです。

私のプロジェクトは、このような事を考えながら、
施主と共に敷地探しから共に進めてきたプロジェクトが多くあります。

展示では、私の世の中に対する欲求不満と、施主と共に形にしてきた理想を建築化する方法をご覧いただきたいと思っています。

展覧会の会場風景です

https://www.flickr.com/photos/jutok/albums/72157719658798427


このように考えるきっかけとなった、僕が見てきたスイスの写真です

https://www.flickr.com/photos/jutok/albums/72157635232435817/

07:13, Sunday, Aug 08, 2021 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ