プロフィール
藤本寿徳

2017年7月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24
25
26 27 28 29
30 31          

最近の記事
concrete jewelry

現場での感動

コンクリートタンク

コンクリート船「武智丸」

以前の記事
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 

concrete jewelry
----concrete jewelry----


正しく設計したら、宝石のような美しい建築がコンクリートだけでもできると考えています。
今工事中の「安芸津の家」は床・壁・天井の部屋6面全てを
コンクリート仕上げとした住宅になりました。


コンクリートにも様々な表情があります。
今回はじめてチャレンジしたことの一つに
床を研ぎ出しました。コンクリートを研ぎ出すと花コウ岩のような表面となります

Untitled

IMG_1192

IMG_1172

人の手で丁寧に研ぎ出していくのは職人のなせる高い技が必要

床以外にも、コンクリートのキッチンカウンター、螺旋階段、断熱性能を持たせたコンクリート壁、そして基本となる武智丸にまけないコンクリート配合
などコンクリート技術5点盛りの住宅ができあがります。

IMG_1204

IMG_1217

IMG_1200

RIMG0496

9/11(日)に見学会を開催します。(東広島市安芸津町)見学ご希望の方はメールで連絡ください。
追って、詳しい地図など見学会概要を送らせていただきます。
10:04, Wednesday, Aug 24, 2016 ¦ 固定リンク


現場での感動
現場での工事風景に感動することがある。


今日もコンクリート打設に立ち会い感動を味わえた。

こういう事があると、今までの仕事の事も思い出し昔の工事写真を見返してみる。

工事中は施工方法を考え抜き熱意を持って取り組み、大変だけれども筋書き通りに工事が進むものだが、時間がたって振り返って見ると、すごいことをしてきたものだと改めて感動する。

写真は「那須の家」の工事風景、屋根の仕上げは防水無しのコンクリート一発押さえ。

コンクリート工事の技量では全国的にも抜き出ている沖縄出身の左官屋さん10人による神業
そして仕事のしやすい足場作り、単菅足場が神社建築の千木のようで神々しい。

難しい工事をやり遂げた全員にいつまでも感謝と尊敬の気持ちを抱いている。

難しさがわかる人でないと感動できないマニアックな領域かもしれないが
ものを作るって本当にいい仕事だと思う。

手間がかかる仕事だからこそ感動もするし、愛着も生まれる。
そこが(手作りであるということが)コンクリート建築の持つ本質的な魅力だと思う。

現場監督の松崎さん元気かな〜、震災の苦しみを乗り越え彼は頑張っている。


DSC00181

DSC00244

DSC00247

20100910_554

20100910_553

20100910_556

20100910_582

20100910_558

20100910_586

20100910_583

20100910_577

20100910_581

DSC00248

20100919_790

20100919_789
20:06, Wednesday, Jun 01, 2016 ¦ 固定リンク


コンクリートタンク
コンクリートの防水性の話の続きで、戦時中には鉄の資材不足でいろんなものに
コンクリートが使われました。

写真は福山市の横島にある横島陸軍航空燃料廠

ドルフィンビーチの傍にひっそり残っています。
航空機の燃料を備蓄するためのガソリンタンクです。

このタンクも、もちろん防水性が求められ、乾燥収縮クラック(ひび)が生じては元も子もないので
良質なコンクリートが求められたはずです。

すばらしいのは粗骨材、いわゆる砂利ですが、角の立った大きな砕石が使われていて
いかにも硬そうな見事なコンクリートです。



Untitled


Untitled

Untitled

Untitled
07:32, Sunday, May 29, 2016 ¦ 固定リンク


コンクリート船「武智丸」
戦時中にコンクリートで造られた「武智丸」のうち2隻が、「安芸津の家」の現場の近くにあります。

IMG_9401


コンクリートをちゃんと作ると、海水に浸したままでも防水性を持つ船にもなるという見本として、たびたび専門書でも紹介される船です。

マニアックな話ですがコンクリートの専門家の間ではとても有名な船です。

今は船の役割を終え、安浦漁港の防波堤として使われています。

「安芸津の家」でも「武智丸」に負けじと、コンクリートの配合を細かく指定し、
「武智丸」を超える最高級のコンクリートを打とうとしています。

見た目では同じ見えるようにコンクリートですが、その品質は、配合、打設方法、養生によって異なってきます。

とても奥が深い領域です。


甲板

IMG_9380


全景

IMG_9403


内部

IMG_9357



曲面

IMG_9340



舳先

IMG_9329


船尾

IMG_9410
06:38, Sunday, May 29, 2016 ¦ 固定リンク


Obama at Hiroshima Peace Memorial
<プラハ>

オバマ大統領が核廃棄廃絶へ向けプラハでスピーチをした時の美しい写真。

広島でも、この距離感で市民に向き合えるといいな。

P040509PS-0304


あれから7年


So today, I state clearly and with conviction America's commitment to seek the peace and security of a world without nuclear weapons.
I'm not naive.
This goal will not be reached quickly -- perhaps not in my lifetime.
It will take patience and persistence.
But now we, too, must ignore the voices who tell us that the world cannot change.
We have to insist, "Yes, we can.”


ビデオ
テキスト



<広島>

Untitled


The world was forever changed here.
But today, the children of this city will go through their day in peace.
What a precious thing that is.
It is worth protecting, and then extending to every child.
That is the future we can choose - a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

ビデオ
テキスト



Where there is a will, there is a way.
10:13, Saturday, May 28, 2016 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ