プロフィール
藤本寿徳

2012年7月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事
ブログを移行しました

concrete jewelry

現場での感動

コンクリートタンク

以前の記事
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 

トップページ
2012年 7月12日

備忘録-芦田川水害の記録
1.芦田川水害の記録

http://www.mlit.go.jp/river/basic_info/jigyo_keikaku/gaiyou/seibi/pdf/ashida-4-4.pdf

2.「福山市洪水ハザードマップ」

洪水ハザードマップは、芦田川及び高屋川100年に1回程度想定される大雨により、
堤防が決壊した場合などの洪水予測に基づいて、市民の避難に役立つように作成したもの

http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/kanri/kozui/index.html

----------------------------------
過去、関連ブログ記事

31-備忘録-芦田川水害の記録
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20120712125237

30-「南海トラフの巨大地震モデル検討会」と「首都直下地震防災・減災特別プロジェクト」 のサイト
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20120331225647

29-瀬戸内海(福山走島)での津波伝説 (= 宝永地震のものだろうか?)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20120310184721

28-長者ヶ原断層-研究その後
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20120310182751

27-(備忘録)福山市の雨量
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20110707093443

26-地震は予知できるか?
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20110119141555

25-福山の地震と古建築(再掲)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20110119111357

24-中央構造線 & 4022ガル
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20110119101729

23-H22/3/28広島県南東部を震源とする地震について
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20100329090219

22-福山市の活断層(長者ヶ原断層)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20100120184537

21-福山市津波・高潮ハザードマップ
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20100120124118

20-広島県地震被害想定調査報告書
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20100120122805

19-2010/1/13〜14にかけての寒波
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20100115004621

18-金物が強くても
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20091102171847

17-7月の気温
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20090817083352

16-台風被害
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20090810135239

15-備忘録(防災科学技術研究所)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20090810100305

14-備忘録(土砂災害ポータルひろしま)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20090730090331

13-備忘録(平成21年7月中国・九州北部豪雨)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20090723071238

12-備忘録(全国地震動予想地図)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20090710181038

11-備忘録(宮古島、伊良部、久高)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080902183834

10-集中豪雨
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080829103400

9-備忘録(風)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080829001154

8-備忘録(降水量)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080828232219

7-アメダスデータの気温グラフ
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080825133621

6-備忘録(人口)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080725232928

5-(備忘録)K-netデータ-福山
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080724174137

4-昨晩の地震周期と建物被害
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080724155723

3-備忘録(地震)
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080724124220

2-今日は猛暑日
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080721141849

1-2058ガル
http://www.jutok.jp/cgi/blog/blog.cgi/permalink/20080114201411

12:52, Thursday, Jul 12, 2012 ¦ 固定リンク


山村
2011-09-04 08-58-45_0074
@Cristian Balan

Traditional Japanese rice paddy terraces, Maruyama, Kumano
@ippei + janine

上の写真はスイス、下の写真は三重県。

家同士が離れていて、その間には自然があり、人工的に手入れが行き届いている。
豊かな住環境だと思っています。

中国地方には山村が多くありますが、山村振興法という法律における山村の定義は

「林野面積の占める比率が高く、交通条件及び経済的、文化的諸条件に恵まれず、産業の開発の程度が低く、かつ、住民の生活文化水準が劣っている山間地その他の地域で政令で定める要件に該当するもの」(山村振興法2条)

となっているらしく、低く見られていることが残念です。
そこまで言われると、余計なお世話じゃ、と言い返したくなる。

鞆の浦架橋問題で、宮崎駿が「不便なものを受け入れる。現代社会の豊かさの指標だけでは計れない豊かさがある」とのコメントを出していましたが、同感で、どうにかして中国地方の山村で、いい建築をつくりたいと思っています。

余談

スイスやイタリアの、山岳都市や山村の民家の写真を見ていると
切妻屋根の妻面を、土地の勾配方向に見せて、縦長に配置しているものが多いように思う。
日本の民家と、90度ずれている。

11:44, Thursday, Jul 12, 2012 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ