プロフィール
藤本寿徳

2012年7月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事
コンクリート建築の寿命

自然豊かな場所に住む

住宅特集2019年11月号

コンクリート螺旋階段を極める( ..

以前の記事
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



山村
2011-09-04 08-58-45_0074
@Cristian Balan

Traditional Japanese rice paddy terraces, Maruyama, Kumano
@ippei + janine

上の写真はスイス、下の写真は三重県。

家同士が離れていて、その間には自然があり、人工的に手入れが行き届いている。
豊かな住環境だと思っています。

中国地方には山村が多くありますが、山村振興法という法律における山村の定義は

「林野面積の占める比率が高く、交通条件及び経済的、文化的諸条件に恵まれず、産業の開発の程度が低く、かつ、住民の生活文化水準が劣っている山間地その他の地域で政令で定める要件に該当するもの」(山村振興法2条)

となっているらしく、低く見られていることが残念です。
そこまで言われると、余計なお世話じゃ、と言い返したくなる。

鞆の浦架橋問題で、宮崎駿が「不便なものを受け入れる。現代社会の豊かさの指標だけでは計れない豊かさがある」とのコメントを出していましたが、同感で、どうにかして中国地方の山村で、いい建築をつくりたいと思っています。

余談

スイスやイタリアの、山岳都市や山村の民家の写真を見ていると
切妻屋根の妻面を、土地の勾配方向に見せて、縦長に配置しているものが多いように思う。
日本の民家と、90度ずれている。

11:44, Thursday, Jul 12, 2012 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ