プロフィール
藤本寿徳

2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事
concrete jewelry

現場での感動

コンクリートタンク

コンクリート船「武智丸」

以前の記事
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



現場での感動
現場での工事風景に感動することがある。


今日もコンクリート打設に立ち会い感動を味わえた。

こういう事があると、今までの仕事の事も思い出し昔の工事写真を見返してみる。

工事中は施工方法を考え抜き熱意を持って取り組み、大変だけれども筋書き通りに工事が進むものだが、時間がたって振り返って見ると、すごいことをしてきたものだと改めて感動する。

写真は「那須の家」の工事風景、屋根の仕上げは防水無しのコンクリート一発押さえ。

コンクリート工事の技量では全国的にも抜き出ている沖縄出身の左官屋さん10人による神業
そして仕事のしやすい足場作り、単菅足場が神社建築の千木のようで神々しい。

難しい工事をやり遂げた全員にいつまでも感謝と尊敬の気持ちを抱いている。

難しさがわかる人でないと感動できないマニアックな領域かもしれないが
ものを作るって本当にいい仕事だと思う。

手間がかかる仕事だからこそ感動もするし、愛着も生まれる。
そこが(手作りであるということが)コンクリート建築の持つ本質的な魅力だと思う。

現場監督の松崎さん元気かな〜、震災の苦しみを乗り越え彼は頑張っている。


DSC00181

DSC00244

DSC00247

20100910_554

20100910_553

20100910_556

20100910_582

20100910_558

20100910_586

20100910_583

20100910_577

20100910_581

DSC00248

20100919_790

20100919_789
20:06, Wednesday, Jun 01, 2016 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ