プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21
22
23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



ローズコム
12018590









福山市中央図書館(まなびの館ローズコム)が7/1に開館した。

「アクティビティー」という言葉が建築ではよく使われる。行為、活動、活気という意味合いである。建物をより魅力あるものとするために「アクティビティー」を誘発する建築のつくり方がコンセプトに据えられることが多い。

恣意的な建築デザインを表に出すのではなく、人々の行為自体が建物の外観となる。そのようなことがガラス張りの建築の特徴になる。

さて、このローズコムだが、福山でできた初めてのガラス張り公共建築である。図書館の中心となる1.2階の開架図書閲覧室がガラス張りとなっている。エントランスホールだけがガラス張りになっているのとは意味が違う。

ローズコムは、人々が本を探したり閲覧する姿が公園からよく見え、公園でくつろぐ人の姿と互いに作用を及ぼす結果、図書館内部も公園も共に雰囲気がよくなっている。公園と図書館の間でアクティビティーが交差し、いい影響を与えている。

まなびの館ローズコムはモダンでありながら福山の地域性とのバランスがとれたいい建物である。設備を目立たせずにコンクリート天井やレンガ壁などの普通の材料で上品かつシンプルにまとめているところが腕の見せ所である。
設計は日建設計の江副敏史さんである。組織事務所に属しながらJIA関西支部の「関西建築家大賞」を受賞した建築家である。
12:29, Sunday, Jul 13, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ