プロフィール
藤本寿徳

2020年2月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25
26
27 28 29

最近の記事
人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

白いコンクリート

地下180mの採掘場

以前の記事
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 

トップページ
2020年 2月4日

ポリッシュコンクリートがやばい
以前「安芸津の家」の床仕上げにポリッシュコンクリートを使用しました。

進行中の「向洋の家」の床も、ポリッシュコンクリートで仕上げます。

写真はわかばやし装飾さんが製作してくれたサンプルです。
若林さんは、研究熱心でポリッシュコンクリートに熱い思いを持ったプロフェッショナルです。

ポリッシュコンクリート

コンクリートの表面を研磨すると、石のように光沢が表れます。
コンクリートの長所として、工場で作った床製品と比べて
「物質」としての信頼性(存在感)があると思うのですが、
人の手仕事だからこそ味わえる本物感を建築に醸し出してくれます。

今とても楽しみにしています

こちらは、わかばやし装飾さんがコンクリートを磨き上げている動画です。




11:37, Tuesday, Feb 04, 2020 ¦ 固定リンク


白いコンクリート
「向洋の家」で ホワイトコンクリートを床の一部と洗面台に使用します。

長年ホワイトコンクリートを使用したいと思っていましたが、3年前に
ようやくホワイトコンクリートを扱える職人さん(わかばやし装飾さん)
と巡り会うことができ可能となりました。

ホワイトコンクリートは文字通り 純白色のコンクリートです。
日本では建物をホワイトコンクリートで建てる事例はあるのですが、
値段も高くなるので一般的ではありません。
自分が知るところでは、スペインでは進んで使われているという印象があります。

ホワイトコンクリートのメインの材料は、ホワイトセメント。
そのホワイトセメントを国内で唯一作る工場が三原市の糸崎にあったのですが
(山陽白色セメント=太平洋セメント糸崎工場) 
残念ながら 3年前に操業を中止し
今では、太平洋セメントが主にタイのサイアムセメントから輸入している状況です。

写真は10年前に工場見学させていただいた時のものです。

太平洋セメントが操業を止めるときに、同工場で生産された
ホワイトセメント1袋を購入し保存しているのですが、
「向洋の家」に、その1袋を使いたいと思います。
10年前に当時の中根社長に親切に工場を案内していただきました。
やっとホワイトコンクリートが使えることを喜んでいます。

こちらは当時書いたブログです。

ホワイトセメント工場見学


20100908_500-2

Untitled

Untitled

11:10, Tuesday, Feb 04, 2020 ¦ 固定リンク


地下180mの採掘場
カルファイン金平工場

ホワイトコンクリートの材料として必要となる寒水石(石灰岩)の採石場。

石灰岩の採石場は露天掘りが多いのですが、ここ神石高原町にある
カルファイン金平工場さんは、地下で採掘しています。

現在の深さは地下180m。
先日、その地下坑道を見学させていただきました。
坑道は天井から床まで 一面純白の世界。

この金平工場では 一般的な石灰岩(堆積岩)と異なり、
火山の熱で石灰岩が変成作用を受け大理石(変成岩)となっているので、
純白で良質の石灰岩が産出されています。
高品質すぎるので、金平工場の製品は
国内石灰岩の主用途であるセメント、鉄鋼の材料としては使われていません。

Untitled


動画で詳しく カルファイン金平工場と山宝工場の採石方法が紹介されています。



 国内で石灰岩を地下で採掘しているの場所は珍しく、岡山県の新見市の集中していて
備北粉化、日東粉化、三共精粉などの会社で地下採掘を行っていると教えていただきました。

こちらは備北粉化さんの紹介動画です。地下採掘の唐櫃鉱山も紹介されています。



11:07, Tuesday, Feb 04, 2020 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ