プロフィール
藤本寿徳

2013年3月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事
沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

白いコンクリート

以前の記事
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 

トップページ
2013年 3月28日

静かな時間を生む
静かな時間、穏やかな時間
静かな場所、穏やかな場所

静けさ、穏やかさ。自分の心がそういう中にある時
建築を美しく感じ、奥深い建築の魅力に静かに感動する。
旅で訪れる名建築に心打たれるのも、自分自身の感受性が高まっているから、建築の放つ力と瞬時に一体となれる。

静かな時間、場。
建築に限ったことでないと思うが、あらゆる情緒豊かな作品の端緒はそこにあるように思う。

情緒、完成した後に生み出されるであろうそれをイメージしながら設計は進む。
建築の最大価値は情緒だと信じている。

周囲の環境、そこに流れている時間も大きく左右する。
周囲の環境を読み取るとは、その場の魅力を体いっぱいに感じ入ることでもある。

人を包みこむ空間も人の心に大きく作用する。
周辺環境と建築が溶け合って、穏やかな時間、穏やか場所が生まれる。
周囲と一体となって静かな場所、静かな時間を生む建築。
空間が豊かな時を生む。
いい建築の条件だと思う。

静かな音楽を聴いて心が動く時と、建築に深く魅入る時の心の状態は、僕の場合とても似ている。

ということを、久石譲の音楽を聴きながら感じた。
自分の設計した空間で「アシタカ聶記」が聴いてみたい……。

そうしよう、来月久しぶりに沖縄に行く予定なので、辺名地の家にCDを持っていこう。

辺名地の家のお施主さんはクラシックに造詣が深く、本業の他にオペラに関する著作も出す本格派である。
本格的なオーディオセットがそろっている。海外からプロの音楽家も訪ねてくる。

大きなスピーカーがあり、大きな気積の部屋で聴く音は僕にも違いが判る。コンクリートの反響から心地良い残響も生まれている。

今頃になって、お施主さんの時間の過ごし方に思いをはせ、心の底から共感、感謝できるようになったのは、設計者として時間がかかりすぎたということに反省している。

力強く生い茂るヤンバルの樹々と海に囲まれ、満天の星空と海風を感じながら聴く久石譲が楽しみだ。
ブログを書きながらひとり盛りあがってきた。




House in Henaji

20100708_99_65

08:01, Thursday, Mar 28, 2013 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ