プロフィール
藤本寿徳

2011年1月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 

トップページ
2011年 1月6日

設計力
昨年末に審査員を務めさせていただいた五三会コンペの結果がウェブで公開されています。
http://www.itsumikai.jp/compe/index03.php

コンペの感想なのですが

受賞3作は現実に建ててもいい住宅になる。「設計力」が高いと思いました。
学生の問題点として、現実的な問題、たとえば、施主の生活、敷地、家族構成、予算、心地よい寸法に日頃の授業課題で向き合うことがないため、住宅を設計させても抽象的で生活とかけ離れた、あるいは、とても凡庸な生活しか想像できないという傾向が有ります。しかし、出来る学生は出来るということが判り感心しました。受賞作はコンセプト、空間、生活がバランスよく描けている点が素晴らしいと思いました。


08:48, Thursday, Jan 06, 2011 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ