プロフィール
藤本寿徳

2011年1月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 

トップページ
2011年 1月24日

山海塾「から・み」
一昨日は小倉へ、山海塾の日本初演になる「から・み」

1年毎に国内、国外のツアーを交互に行うので、日本では2年に一度のペースで公演がある。

はじめて見たのが学生時代、1990年の3月31日だったので、それから
いつのまにか20年見続けてきました。

山海塾の舞踏から感じる美から、僕は建築の本質を思い起されています。
しかし、それは精神が静かに澄まされ、身体の芯が通っていないと
自分には見えないと思っているので、自らを無にして見ています。

精神と身体、身体と空間、時間、
建築の根底にあるものです。
しかし、それらは意識しても表現できない。
高みに至ることができたら、結果として他者が感じるもの。


天児さんに公演後今回の作品集をお渡しでき、
大きく影響を受け続けてきたこの20年の時間が凝縮されたものを
形に替えて見てもらえたことが嬉しかった。

山海塾は自分を見つめる2年毎の定点観測の鏡になっています。


karami

09:17, Monday, Jan 24, 2011 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ