プロフィール
藤本寿徳

2019年9月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事
山海塾と建築のコンセプト

デジタルカメラに移行して10年

開きつつ閉じる

中原建設さん

以前の記事
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



田尻の家- 深夜の風景
tajiri

8月の大潮の満潮時刻、深夜0:30の建築の姿です。
周囲一帯が寝静まった深夜に昼とはまた違った顔を見せる建築
静寂の中に、微かな波の音と虫の声が聞こえます。
満月の月明かりがとても明るい。

設計の途中、深夜にこの近所はどのような雰囲気なのかを確認するため真夜中に敷地に訪れます。
昼とは違った顔を見せる環境の中での建築の姿を考えながら、
昼と夜と両方の建物が建った後の新しい風景を想像しながらエスキースを進めます。
深夜にどのくらいの静寂が訪れる場所なのか、敷地によって大きく異なります。

田尻の家は幹線道路に面した敷地で昼の交通量はある程度多いのですが、深夜は打って変わって
施主の先祖がこの敷地に家を建て住み始めた100年前と多分同じであろう静寂に包まれます。

田尻の家は、道路の拡張工事のため、敷地の特徴が大きく変わる中での設計だったので
誰も見たことがない新しい風景を想像しながらの計画でした。
もともとあった土木構築物のように住宅らしからぬ外観を持たせることで
長い時間そこにあったかのように振るまう建築のあり方を模索しました。

08:03, Saturday, Sep 14, 2019 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ