プロフィール
藤本寿徳

2012年11月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事
concrete jewelry

現場での感動

コンクリートタンク

コンクリート船「武智丸」

以前の記事
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



築65年の家屋解体
Untitled

祖父が建てた(大工だった)家の解体が始まりました。


終戦から2年経ったころにできたと聞いたので、1947年のこの写真にもできたばかりの家が小さく写っているはずなのですが、
1947high-resolution CA-58

恐らくココ、よく判りません。空襲のあとの空き地に、徐々に建物が建ち始めている途中といったところでしょうか。

8121491455_a7b50a6488_o


物資が乏しく貧しい時に建てられた家なので、使用している材料は寄せ集めで、他の家屋からの廃材も下地に多く使われています。
お客を迎えるための、立派な床の間があるような和室など無いそんな町家です。
そのかわり、玄関横に洋間の小さな「応接間」があったのですが、当時の流行のつくりだったのでしょうか時代を感じます。たぶん、応接の機能としては全く使われていなかったんだと思います。

食堂と居間として使っていた6畳の部屋が家の中心で、祖母はちゃぶ台をあげてその部屋に布団を敷いて寝ていました。
家全体の広さを、どのようにそれぞれの部屋(機能)に割り振るかという意味では、今だったら違う作り方をすると思います。

まだ当時は建築基準法や木造の技術的指針などは、たぶん無い時代。また戦前は違う仕事をしていて、終戦後、にわかに大工になったと聞いているので、技術もなく、見よう見まねや知人のアドバイスをもとに素人的につくっていたのだと思います。

基礎、土台も今の基準とはかけ離れています。この写真では基礎立ち上がりにコンクリートブロックが並べれていますが、その他の場所ではレンガが使われています。

Untitled

以前から敷地の衛生がこの建物の問題だと思っていました。
長屋状の敷地なので、建物が両隣に密着して建っていることで湿気と風通しがとても悪く、これが木造の家を痛めていていました。

具体的に見えない場所でどうなっていたのか、解体を機に確認してきました。

畳を外した床下は、土なのですが、床下も低く換気も充分に行われないような作り方をしているため、個人的に、土が腐っているんでないだろうかという感覚を勝手に抱いていました。
終戦時から触られていない当時の敷地の土の状態かと思うと感慨深い。

Untitled

木材は、湿気がありそうな所はさすがに腐っていて、そうでない所は65年たったといえまだ木材の強度は信用できそうでした。その差が大きい。

Untitled

お金をかけない裏の外壁は、スレート平板の脳天打ち付け、じいさん、割り付けぐらい考えろよと突っ込みたくなります。
美的感覚というものよりも、違う理屈が優先してたんだろうなと。にわか作りの建物だと思うのですが、まず「住む」ことを充たすだけで精一杯だったのではないだろうかと感じます。


Untitled

大きな地震がきたら確実に倒壊していた建物なので、ひとまずは安心。

しかし、駅周辺部、古い家屋が壊されていく度に、歯抜けのごとく空き地が増えていき、それが、ある程度広ければ中層の集合住宅、そうでなければ駐車場ばかりが増えて町並みがどんどん壊れていく。それに加担していることを悩ましく感じます。


Untitled


ブルーシートで覆われて、
Untitled

以前はこのような家でした。
ピンホールカメラで撮影した写真です。
Untitled

祖父が戦後の生活への夢を託し、自らの体を使って建てた家を壊すのは建築家として申し訳なく思います。
リノベーションという方法もあったのですが、敷地の衛生、構造材の状態から、残してもいいようにはならないし、またこれを触る度胸もありませんでした。
また残念なことに、僕の目から見ていい仕事をしているようには見えなかった。

家が壊される時は、当時の職人と対話ができます。
自分の現場では、建物が壊されるであろう時を常に意識しながら監理をしています。
見えない所、隠れてしまう所が一番肝心です。
下地を見ると仕事の丁寧さが判ってしまいます、また床下のように隠れる所の掃除が不十分ということを最大の恥だと考えています。

「建物が壊される時に恥をかきたくない」
その思いを工務店さんに伝え協力していただいています。
しかし、その思いが伝わらなく、腹立たしい思いをすることがあるのも現実です。
11:29, Wednesday, Nov 07, 2012 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ