プロフィール
藤本寿徳

2021年12月
S M T W T F S
     
1
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事
展覧会中止のお知らせ

展覧会に向けてのメッセージ

展覧会のお知らせ

向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

以前の記事
2021年 8月
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



外灘画報
上海の外灘画報で、薛霓さん(Siniさん)が須波の家について書いてくれた記事なのですが、一般誌のライターなのに図面と写真から建築をよく読み込んでくれているものだと感心します。雑誌のクオリティーも高いようで嬉しいです。一般誌というのは建築専門誌とはまた違った喜びもあって、全日空の機内誌だと今月はフランロイドライトの記事が出てたのですが、偶然一般誌に建築の記事を見かけると、新鮮な感じがします。
http://www.bundpic.com/link.php?linkid=12882

http://jutok.jp/prof/bund.pdf

中国語が判らなくても、翻訳サービスでだいたいの内容が判るのでありがたい時代です。二つの翻訳サービスの結果です。


ヤフーで翻訳

「風景が気持ちがよいローカルにはおよそ造形優雅な閣が付き添うことがあって、たとえばこの間は広島の回仮屋のHouse in Sunamiに位置する。
  “Sunami”はこの語と“津波 (Tsunami)”はただ違う1個の字母、設計者のKazunori Fujimotoの先生がこれに意図的なであり玄器をひそかに隠れると知らなくて、すぐに比喩した津波中に屹立することの倒れない“闘士”を建築することが当然です。細心に見える、家屋でまだ眞と津波の%uE689AFが関係に上がらなければいけないことを設計して、全体として人や動物の目玉を書き入れた筆の浪状屋根を設計して、俯瞰する時は掀の開の書物と同じように、側面的また羽ばたいて高く飛ぶ鴎であるようなように見えて、付近の瀬戸内海の海の景色とはるか遠くから相呼応する。
  全体は鉄筋コンクリートをもって材料とすることを建築して、地面が308平方メートル溜まってなることを占めて、Lの形分布の室内部分を呈することを包括して、および1個の長方形の庭園。“屋根瀟洒に”の効を製造し出すため、設計者は2片の120ミリの厚のセメントパネルを採用して、それぞれ大空の頂きに基づく造形は弧度を抑圧し出す、後程再の棚は到達して家屋上にドッキングする。そのうちの幅が比較的に狭いセメントの板は棚が面大海を建築する片側に至られる、応接間と寝間の地域がともに家の軒から出すことを残すことに覆って;比較的に幅広いセメントの板はすると棚が参拝した片側に到達して、覆ったものは庭園および厨護国空間で、セメントの板の片側と家屋以後の壁は接して、糸条は一気呵成のことを感動させる。
  建築した室内部分は十分に簡潔であることを設計して、“L”形地域の横の方向空間は厨房とレストランで、縦の空間はするとセメントの壁の板で3段を挟み上げて、行為の主の臥、児童部屋と応接間の地域。この空間によって海に向いて、充分に海の景色優勢を利用するため、壁上に表面の積の窓を開くことを作って、再び部屋と庭園間がガラスでドアを移して遮ることであることに加えて、それで弧状屋根と壁間の隙間は同様でガラスでフィリングして、家屋内に1種の広い明るい開放式構成を形成することを使う。ちょっとある価値があって、庭園下方の屋根はまだ開いた1個の長方形の“大きな穴”、これが独特である“徹底的な”はいっそう多い自然の光線を導入したことを設計して、しかも庭園中の樹木はエネルギー“端を探す”を還して呼吸する、本当に室内空間と室外空間の調和がとれた相融を実現した。
  House in Sunamiの最秘密の地域はトイレで、そのとおりいっしょに厨房背後に隠れて、セメントの板の引き離しの私の密空間を用いて、有一小部分は凸であり全体に閣から出す。トイレからの後の窓は見つけて行って、半分は海の景色で、半分は山の色で、これは恐れて堪は視野最善のトイレであることと称する。」

エキサイトで翻訳

「景色が心地良い地方はいつもお相手をする造型の優美な建物があって、たとえばこの広島に位置する休日を過ごす家House in Sunami。
  “Sunami”のこの語と“津波(Tsunami)”は1つの字母だけ足りなくて、設計者Kazunori Fujimoto を知りません先生はその気(意図)があってこの名前の中で玄妙な道理にひそかに隠れるかどうか、を比喩に造って津波の中のためになんとのの“闘士”にそびえ立ちますいいえ。注意深く見たところ、家屋の設計はまた本当に津波と関係に引っ張っていけて、して全部眼の玉を書き入れるペンの波浪の形の屋根を設計して、高い所から見下ろす時めくる書物に似通って、側面は見たところまた空高くはばたくカモメのそうで、近くの瀬戸の内海の海の景色と遠くから相呼応します。
  全部造って鉄筋コンクリートを材料にして、占有面積は308です 平方メートル、含んでL形の分布の室内の部分を呈して、および1つの長方形の庭。“屋根があか抜けています”の効果を造り出すため、デザイナーは2切れの120を採用します ミリメートルの厚いセメントのパネル、それぞれ天井の造型によって弧度を抑えだして、それから更に支えて家屋の上でドッキングを行います。その中の幅の比較的に狭いセメントの板は顔の海を造る片側まで(へ)支えられて、客間と寝室の地区を覆ってそして軒を残します;比較的に広いセメントの板は支えられて朝山の片側に着いて、覆いますの庭と台所が空間を守るので、セメントの板の片側と家屋の後で壁は連結していて、線は思って首尾一貫しています。
  建物の室内の部分の設計は非常に簡潔で、“L”の形の地区の横の方向の空間は炊事場とレストランで、縦方向の空間は水を使う土塀の板は3段あけて、主として、児童の部屋と客間の地区に横になることを行います。この空間が海に向かうため、十分に海の景色の優位を利用するため、壁の上で広面積のをして窓をつけて、部屋をさらに加えるのは庭の間とガラスでつを移して仕切りを行うので、アーチ形の屋根は壁間のすきまと同様にガラスで穴埋めして、家屋内に1種の広々として明るいオープン型の構造を形成させます。とに値して、庭の上方の屋根はまた1つの長方形のの“大きい穴”をつけて、この種類の独特な“きわまります”の設計は更に多くの自然の光線を取り入れて、庭の中の木はしかもさらに“頭を前へ突き出します”は呼吸して、本当に室内の空間と室外の空間の調和がとれている相融を実現しました。
  House in Sunami 最も秘密の地区はお手洗いで、あれはいっしょに炊事場の背後で、セメントの板の仕切る個人の密な空間に隠れるの使いますで、際立って全部で造る1の小さい部分があります。お手洗いのの後から窓は見て、半分は海の景色で、半分は山色で、これは恐らく視野の最優秀お手洗いなことをも称することができました。」
11:46, Wednesday, Nov 17, 2010 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ