プロフィール
藤本寿徳

2010年7月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



山原(やんばる)の集落
沖縄本島の北部、国頭半島の東にある国頭村の奥と安波の二つの集落を訪れました。
本島の中では、那覇からだと一番遠い集落です。

昔は茅葺き民家が残っていたことで知られていた集落だったのですが、今は現存していません。

訪れた日はあいにくの雨でした。
100%に極めて近い湿度に閉口しながらも、風景や生活を心に刻み込みました。
しかし、この多湿の中で、民家が残っていく厳しさというものも同時に痛感していました。

沖縄特有のセメント瓦の質素で美しい風景はいつまでも残っていて欲しいと強く願っています。

20100707_99_118

20100707_99_116

20100707_99_82

20100707_99_94

20100707_99_96

20100707_99_93

20100707_99_107





21:19, Saturday, Jul 10, 2010 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ