プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



日本建築の「浄」
(茶室)
セパレイトされた、外の空間と中の空間を意識が行ったり来たり二つの世界を往復することで特別な感覚を味わう。
外には新緑の庭園が広がり、鳥も鳴いている。内部は薄暗く狭い室内 建築の要素全てに対して敏感になる。
一人二人のためにしつらえられた狭い空間にいると、その空間と自分自身の中へ向かう意識が生じる。一方、ふとした瞬間、幽かな光や風の音や鳥の鳴き声で、建物外部に広がる新緑の鮮やかな世界に引き戻される。想像力が掻き立てられ外の世界へと意識は空間的にひろがっていく。
意識が内に向かったり、外に広がることを繰り返す中で、世界が浄化され自分自身も浄化された存在になっていく。これが、ミクロコスモスなのかと。

と思う一方で、情報が限りなく限定され己の意識が浄化さたように感じる中で、自分は優れていると、この世界を感じることができるのは、自身のステージが上がったのではないかと、いい気になっている自分の危うさに気付いた。穿った見方をすれば茶室は、空間と情報を限定することで可能となる一種の洗脳装置の構造をしているとも言える。

(書院造り、数寄屋造り)
森は暗く、じめじめしていて時には恐怖さえ感じる。そんな中から切り出された白木の材を組み立て、家をつくる。漆喰の白や聚落壁の色あい、和紙をすき生まれる障子紙の白さ。畳からはい草の香り。自然のものをこれほどまでに清潔なものへと変換してしまう術。
そもそもの建築材料が自然の中にある時の姿を考えると、自然にあるものを利用して書院や数寄屋の清潔で直線的な空間をつくりあげる日本建築の精神性と技術の高さ。

(かよわさ)
現在数寄屋は「かよわさ」を失っている。構造的にしっかりとしているように見える点と、ガラスで内外を明確に区別してしまっている点は技術の進化がアダとなっている。昔の日本建築はこの点において、建物の存在が外に対してかよわい、微妙なバランスの上に立っている。一歩間違えればバラックになるところでの寸止め。
「三匹の子豚」の三つの家で例えれば、わらの家では弱すぎるし、レンガの家では強すぎる。その中間に絶妙なバランスを持つ点がある。

和風堂と縮景園を見ながら、そのようなことを感じた。


09:48, Wednesday, Apr 15, 2009 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ