プロフィール
藤本寿徳

2020年8月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6
7
8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

白いコンクリート

以前の記事
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



放浪記
「海が見えた海が見える。
 五年振りに見る尾道の海はなつかしい。
 汽車が尾道の海へさしかかると、
 煤けた小さい町の屋根が提灯のように、
 拡がって来る。

 赤い千光寺の塔が見える。
 山は爽やかな若葉だ、
 緑色の海向うにドックの赤い船が、
 帆柱を空に突きさしている。
 私は涙があふれていた。」

放浪記の有名な一節が好きです。
山陽本線の電車の車窓から、カーブを曲がると尾道の海と街の景色が一気に開けるポイントがあります。このカーブにさしかかると、僕もいつも胸躍るものを感じています。

今日三原の現場に行く時、天気も良かったので、国道の高さからですが写真を撮ってみました。

19:41, Tuesday, Mar 31, 2009 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ