プロフィール
藤本寿徳

2020年8月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6
7
8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

白いコンクリート

以前の記事
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



日刀保たたら


日刀保たたらを見学させていただきました。見学したのは今年2回目の操業、2日目の午後14時〜15時の1時間、送風開始後56時間目ごろ「下り」に入る時間帯です。明朝6時に迫ったケラ出しへの最後の段階がはじまった時でした。

30分ごとに木炭と砂鉄を加えていきます。1分間に15回ほど送り込まれるふいごの風によって炎が高くなり、炎の音もそれにあわせてゴォーっと大きくなります。

知識としてのたたら操業は今までに知っていて、実際目の前にして新たに何か知識を得るということはありませんでした。しかし、やはり現場に赴かないと判らないことがあり、村下(むらげ=たたら場の監督職人)の汗と炎を見つめる目、緊張感、村下見習い達への指示など、玉鋼ができる背後にある精神性を体感できました。
村下の木原明さんが作業する間近で拝見できました。その距離1〜2m程の近さなのですが、若手に指示する声が、とても小さく僕には聞こえません。その静かな声に応答し村下とやりとりする三浦さんという若い職人さんの炭で黒くなった顔の精悍さが印象的でした。

(動画と静止画を見る事ができるサイトです。
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz2/y-kwm/y-gkg/y-gtm/IPA-tac410.htm)

たたら場内の写真撮影は厳しく制限されています。
写真はたたら場(高殿)の外から撮影したものです。窓内に写っている炎が1500度のたたらの炎です。




12:21, Monday, Feb 09, 2009 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ