プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



カメラ
670







富士の中判新機種とPentax一眼レフ

デジタル全盛の時代に富士フィルムが今年、中判(ブローニーフィルム)のフォールディングカメラ(蓋が開くと蛇腹が伸びるカメラ)の新機種GF670を発売するらしい。

福山ではカメラ屋さんにブローニーフィルムを買いに行っても在庫が無かったり、4x5のQLフィルムに関しては取り寄せでしか入手できないという悲しい時代に、新機種発売とは嬉しい。

金属なのかな?シルバーボディーが神々しい。プラスチックボディーのカメラだと、メカニカルなオーラを感じない。オーラを失った今の時代のカメラしか知らない若い世代を可哀想に思っている。
(ちなみに、建築学科の学生に聞くと、フィルムを買ったことが無いとか、フィルムをカメラに装填したことが無い人がゴロゴロいて驚いたことがある。)

ただこのクラシカルなシンプルさは美しいのだけれど、6x7フォーマットでレンズが80mm。これは35mm換算だと42〜3mmの標準レンズ程度の画角に相当するのだが、超広角マニアな僕にはレンズの焦点距離に関しては不満がある。
せめてフォーマットは6x8、レンズは最低65mm以下でないと使わないだろう。モノとして綺麗だから所有してみたいとは思うけど、ワクワクしたニュースにとどめておいた方が良さそうである。それならGSW690を買えと言われそうだが、デザインが悪い。


pentax






大事にしている一眼レフカメラは、中学1年の時に小遣いを貯めて購入したPentax MEsuper。このカメラは大学1年頃までギリギリ使っていたのだが、不具合で使えなくなりそのまま放置していた。2年前、長谷川工作所というpentax認定の修理屋さんに修理をお願いして使えるようになった。(ネットでいろいろ調べられる時代がありがたい)

その時期ついでに、Pentax MXというMEsuperの兄貴分にあたる機種を中古で購入した。このカメラは機械式シャッターなので、電池が無くても写真が撮れる。機械式マニュアルカメラの魅力にひかれて購入した。

この2台は外観やサイズがほぼ同じ。レンズを2本新調して2台とも同じ20mmレンズを付けている。子供の頃カメラを買うのが大変だったのと違って、2台も大人買いできることに幸せを感じている。ライカのようなネームバリューなどとは無縁の普通のカメラであるけど、とても愛着を感じている。

2台をその日の気分で使い分けて外に持ち出しポジで写真を撮ろう。そう思って購入したのだが、まだ1本もフィルムを通していない。たまに出してきては、この30年前のカメラ2台を並べて空シャッターを切って満足しているだけである。

23:06, Sunday, Aug 31, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ