プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



「ノルウェイの森」の映画化
村上春樹の「ノルウェイの森」が映画化されるニュースがあった。2010年公開予定でトラン・アン・ユンというベトナム出身の監督が撮るということで、微妙な男女関係がどう映画化されるのか楽しみである。
小説が発売された頃の僕自身のまわりの東京の風景と小説のストーリーを重ね合わせてこの本を読んでいたため、あの頃の東京の雰囲気がいかに再現されるか見てみたい。

「ノルウェイの森」では、村上春樹自身が過した学生寮「和敬塾」が小説の舞台となって登場するが、僕もこの和敬塾に入寮していた。
ちょうど寮にいた時に小説が発売されたこともあって、当時はこの小説で盛り上がり、「ノルウェイの森」の学生寮ということで遊びに来てくれた友人達も多かった。

映画では、この一風変わった学生寮がどのように登場するかとか、新宿のジャズ喫茶Dugがどう登場するのか実在の場所なだけに映画の中でどう扱われるかが楽しみでもある。

和敬塾は大きな敷地の中に、西寮、南寮、北寮と、寮が3つの棟に分かれているのだが、村上春樹と僕がいた西寮は、老朽化のため建て替えをすることになり、ちょうど今解体され新しい寮が建設中である。今一歩映画に間に合わなかった訳だが、ぜひ雰囲気やつくりが同じ南寮や北寮をつかって撮影されたら嬉しいのだけれども。

寮内にある和敬塾本館(http://maskweb.jp/b_wakei_1_1.html)は昔の細川侯爵邸で立派な洋館。都の文化財に指定されている。
この本館は映画の撮影場所として多くの映画に使われていて、金城 一紀原作「恋愛小説」では和敬塾や周辺の目白台の坂などほとんどのシーンで使われていた。小西真奈美と玉木宏が主演の映画で、もわもわな男女の関係も「ノルウェイの森」のもわもわ具合に似ているかもしれない。いずれにしろ、僕には縁遠い世界のお話だ。
12:02, Saturday, Aug 02, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ