プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21
22
23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



昨晩の地震周期と建物被害
*昨晩の岩手県沿岸北部での地震(M6.8、震度6強、震源の深さ120km)では建物被害が出なくて良かったです。地震の周期が極めて短かったようです。 古い木造家屋を倒壊に至らしめる1〜2秒の周期の地震波が無いこともK-netのデータから読み取れます。

筑波大地震防災・構造動力学研究室と東大地震研究所のHPでこの地震の解説が掲載されています。

一部転載させていただきます。

wave







(以下、筑波大境有紀氏のHPより、http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~sakai/085.htm)

 今回の地震で発生した地震動は,2008年岩手・宮城内陸地震と同様に0.5秒以下の極短周期が卓越していて,震度や地動最大加速度は大きくなるが,建物の大きな被害を引き起こす1-2秒応答は小さい.提案する算定法による震度を見ると5弱程度である.つまり,最大震度6強で建物の大きな被害が生じなかったからと言って,建物の耐震性が高いのではなく,たまたま被害が生じない性質の揺れだったに過ぎない。


(以下 東大地震研HPより http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/furumura/08Iwate_engan/)

この地震により、震源に近い地震観測点では最大1000cm/s/sを越える強い揺れを記録しました。地震波形は0.1〜0.2秒程度の短周期地震動を多く含んでおり、強い揺れが10〜20秒以上も長く続いていることがわかります。震源に近い岩手、宮城、青森でこの揺れを感じた人は、カタカタとした小刻みな揺れがとても長く続いた印象をお持ちのことと思います。

いっぽう、木造家屋の被害に強く影響する周期1〜2秒程度のやや長周期の地震動はほとんど含まれていないこともわかります。速度応答スペクトルを求めると、たとえば「玉山」観測点の揺れは、周期0.2秒の固有周期を持つ小型構造物(石灯籠や工場の配管など)を大きく揺する力を持っていたことがわかります。

いっぽう、兵庫県南部地震の神戸大の地震動には周期1〜1.5秒程度の成分が強く含まれており、木造家屋の被害に大きな影響を与えた原因と考えられています。
15:57, Thursday, Jul 24, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ