プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21
22
23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



軍艦マンションが島田荘司の手にかかると
福山出身の島田荘司さんが審査員をつとめる
「島田荘司選 ばらのまち福山 ミステリー文学新人賞」
は93作品の応募があり現在一次審査中らしいです。来年の2回目の募集要項も発表されています。建築を題材にミステリーを書くとどういうストーリーが面白いかなと想像しようとしたのですが、想像すらことすら自分には無駄な努力であろうと、すぐに止めました。

僕は、文章を書く事が苦手なので、小説家の文才というものを異次元の恐ろしい魔力のように感じています。
文学界などは遠い存在なのですが、ニュースで身近な直木賞、芥川賞の受賞者の年齢の若さを知るとき、自分との能力の差の大きさを想像するのですが、自分には小説家の凄さを計る基準も持ち合わせないので天文学的な開きをだろうと思います。

ただ、建築についての文章であれば、自分に近づけて考えることも読む事もできるものです。
島田荘司さんのサイトに、軍艦マンション(渡邊洋治設計)の文章があったのでリンクさせていただきます。学生時代から知ったビルですし、渡邊洋治についても作品集などで研究していたこともあって小説家がどのように建築について書くのか興味が湧きます。建築を目の前にしているようにその異様さが伝わってくるのは流石。

第287回10−4(水)、軍艦マンション

安藤忠雄さんの建築について書かれた回もあるのですが独特な視点だと思います。軍事施設との類似性のくだりは安藤さんの創作とは無縁だと想像していますが。

第259回4−8(土)、原宿の軍艦島
第167回4−25(金)、安藤忠雄建築展2003


島田荘司さんのサイトです。
季刊 島田荘司 on line


19:20, Thursday, Jul 03, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ