プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21
22
23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



日展
先日木本一之さんから、日展に出品されているとご案内いただき、ふくやま美術館で開かれている「日展 福山展」に行ってきました。ジャンルが「日本画/洋画/彫刻/工芸美術/書」に分かれて展示されているのですが、366点の作品が展示されているそうで、美術館全体を使った大掛かりなものでした。

木本さんの作品は工芸のコーナーに。彫刻ではないのかと?マークがつきましたが、新しい表現の彫刻は工芸にジャンル分けされているようでした。力強くシンプルな造形です、鉄のイメージからくる暴力的な力強さは木本さんの手で理性的なものへと抑制されていると感じました。エッジが手が切れる程にとんがっていたらまた印象も違うだろうと思いますが、見比べてみたい気持になります。

他には友定聖雄さんのガラスの彫刻が、小口が綺麗に磨かれたガラスを積層させたシャープな造形で建築的な作品が印象に残りました。6/29(日)が最終日です。
23:11, Monday, Jun 23, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ