プロフィール
藤本寿徳

2020年10月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21
22
23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



山海塾「とばり」
「卵熱」 「しじま」 「ゆらぎ」 「ひよめき」
「ひびき」「かげみ」 「うつり」 「とき」

これらは山海塾の作品のタイトルです。毎回タイトルの発表が気になるのですが、新作のタイトルは「とばり」です。秋に山海塾の国内ツアーがあります。

僕が山海塾のダンスからインスピレーションを受けるのは、時間と空間、精神と肉体が微妙に振動する様なのですが、毎回注意深く選ばれた綺麗な単語でダンスを表現していることに感心します。

初めて山海塾の公演を見たのが、確か90年の3月末に渋谷で見た「しじま」だったと思います。その後の国内公演は毎回見てきましたが、いつのまにか、もう20年近くになってしまいました。
山海塾は基本的に新作の発表は2年毎、公演は1年は海外に、一年を国内に交互にあてているので、国内で見れるのは2年に一度になります。
今回は北九州の「とばり」と琵琶湖か高知での「とき」の公演に行く予定です。

tobari
22:18, Monday, Jun 23, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ