プロフィール
藤本寿徳

2020年8月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
向洋の家の脱型

沖縄のセメント瓦職人 比嘉良義 ..

人為的な地下空間に惹かれる

ポリッシュコンクリートがやばい

以前の記事
2020年 8月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2018年 2月
2016年 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年10月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2014年12月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 5月
2013年 3月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年11月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月

 



建築の品格
 グローバル経済という、大きな黒い雲に覆われて行く不気味さを感じている。経済や政治について専門でないが矛盾を感じる。アメリカの投機筋の先物取り引きで食料、原油価格が高騰し、アメリカ国内の住宅ローン問題で日本の経済がダメージを被る。アメリカのシステムに支配されつくしているような無力感を感じる。
 世界の警察を自認し、大義のある戦争を肯定し、歴史的に内政干渉、政治的プロパガンダを繰り返して来た、アメリカのネガティブなイメージもそこに加担して、武力と経済力を背景に築かれる品の無い世の中が加速されることに不安を感じている。

 アルベール・カーンが100年前撮影した日本のフィルムを見て、そんなことを考えていた。100年前の姿に魅力は感じなかったけれど、いつから、日本の都市は今のような姿になってしまったのだろうか。品といったら曖昧な言葉なのだが美しさを感じない。
 利益目的で建物を建てることを問題にしてみたい。
 
 今盛んに外資が投機目的で様々な種類の建物を建設している。国内の不動産会社も同様で銀行は融資をし、利益を目的として分譲マンションをつくり、賃貸オフィス、大型テナント商業ビルをつくり、建て売り住宅を建て続けた。これらに共通していることは、実際利用する人達の声が設計に反映されない点にある。利益目的だから、ゆっくり入念に設計されない、工事段階でも職人のプライドをかけて作られない。また利用者も自分のものではないから大事に使わない。自分が建てたものでないから無責任。常にその時その時で気に入ったものを選択すればよい。よって使い古した建物を手放し、いつも新しいものにとびつかざるを得ない…。
 「アジア的な混沌、スクラップビルドという常に更新を続ける都市」といったダイナミックな側面を評価する声があるのも知ってはいるが、僕はやはり今の姿に品を感じない。品を生み出すことと相反しない利益活動が必要だ。

 国内や海外へと自然や癒しを求めて旅行し、別荘を持つ。そのようなバランスの取り方もあるのだろうが、右肩上がりの成長が終わった今、日常に美しさや落ち着きを感じられる都市を用意すべきだと思う。ヨーロッパの美しい都市は、近代化以前の都市の骨格とバランスをとって成立している。ヨーロッパの都市と日本の都市の比較は歴史的に同じ土俵で語ってはいけないのだが、劇的な社会の変化が終わった後も自らのアイデンティティーが残っている点が評価できる。

 僕個人がヨーロッパの都市が好きというわけではない、たぶん、自分が日本人だからか感性レベルでズレを感じる。日本なりの姿を考えることが意味があると思う、それが又楽しい。
 そもそも新しいということしか価値が無かった故に、ゴミのような扱いで捨てられていく建物が山積みになっている可能性が高いという恐怖心を、将来の日本に感じている。敗戦の焦土からここまで「発展」したことについては先人に敬意を表する。それをふまえた上で21世紀には「成熟」していく方向に期待したい。時代に翻弄されない魅力と豊かさを追い求める設計姿勢が建築の品格に繋がる。
09:50, Monday, Jan 07, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ